2020年06月09日

ギターレッスンを安心して再開するには? - 健康になるギター

生徒さんから「ギターレッスン再開はいつ頃になりますか?」とのお問い合わせをたくさん頂くようになりました。

ありがとうございます(^^)/

うれしいです。

私がギターレッスンしている地域では、しばらく新規の感染者が出ていません。公民館からOKが出ればすぐにでも...と言いたいところですが。

6月は、原則レッスン自粛といたします。
6月14日(日) に予定しておりました「わいわいサロンコンサート2020」は中止といたします。

わいわいサロンコンサート2019
これは去年のサロンコンサートの様子(画像は粗く加工しています)です。ひとりひとりの演奏の他、皆でセッションしたり、オヤツ食べたり。楽しかったなぁ...

残念です。

今回は、レッスン自粛の理由と、ギターレッスンを安心して再開するために必要なことを、自分なりにまとめてみました。ネガティブな話ではなく、未来に向けて楽しく進んでいくための準備だと考えています。


ギターレッスンを自粛している理由は以下のようなことです。

1.新型コロナウィルスは重篤な肺炎を引き起こす
2.無症状感染者が加害者になる可能性がある
3.感染予防のための行動パターンと、レッスンのための行動パターンが相容れない
4.もう3ヶ月以上散髪していない

それぞれについて私が心配していることと、こうなったらいいなと思うことを書いてみます。


1.新型コロナウィルスは重篤な肺炎を引き起こす

武漢で、とか、クルーズ船で、とか言っていた頃は、他人事でした。
日本国内で感染者が発生した時も、まだまだそれほどの危機感を感じませんでした。
転機となったのは、ほぼ同世代の岡江久美子さんが亡くなった時でした。衝撃でした。

従来のインフルエンザなどとは違う、「罹ってもなんとかなる」的な病気ではないと思いました。

先日、コロナから復帰したとされる、クリストファークロスさんは、ギランバレー症候群という後遺症と戦っておられるそうです。全快をお祈りします。が、出来れば最初から感染しなければ何よりだと思うわけです。

家族に呼吸器疾患の者が居るので、「ウィルスの持ち帰り」はなるべく避けたいと思っています。

治療薬やワクチンなどが開発されることで解決されていくと思われます。研究者や製薬会社のみなさんに期待します。


2.無症状感染者が加害者になる可能性がある

皆さん耳タコだと思いますけど。

新型コロナウィルスに感染しても、一定割合の人は症状が出ないので、感染に気づかないまま他の人に接触して感染させてしまう、のだそうです。

私は4月上旬までギターレッスンをさせていただきましたが、今思えば、リスキーなことだったと反省しています。知る限り、生徒さんに発症された方がおられないので、ほっとしています。

先日、「新しい生活様式」が公表され、読む限り、人と接することで新型コロナウィルスに感染させる確率は0でない、という前提でこれから生活しなさいと提言されているようですが。本当に?

経済活動を止めないためという日本国政府の言い分も分からないではないけれども、要は国民がリスクを負いなさいということですね。

自分の状態が、自分で分かれば、自分の行動を自分で決めることが出来ます。
感染しているのか、していないのか、抗体があるのか、ないのか、など。
PCR検査なのか分かりませんが、スマホに検査器具をつないで、分析と毎日の記録をさせるなんて仕組みがあれば、ずいぶんストレスが減るのではないでしょうか。きっと誰かが開発中ですね。


3.感染予防のための行動パターンと、レッスンのための行動パターンが相容れない

「新しい生活様式」に沿ってギターレッスンすることは可能です。可能ですが、ずいぶんギクシャクしたレッスンになりそうです。

人との間隔は、出来るだけ2m空ける
レッスン会場を大きい部屋に替えて、椅子も離して置きます。
付き添いのお母さんは更に向こう側に座っていただいて(^^;
想像するだけで、ギャグで笑ってしまう光景です。

会話をする際は、可能な限り真正面を避ける
これは大丈夫そうです。

狭い部屋での長居は無用
レッスンのコアタイムは30分です。これってどうなんでしょうね。

私のギターレッスンでは、手や体に触れての指導は一切行っていませんが、弦の押さえ方や、右手のタッチを見てもらうために、生徒さんの近くに寄ることは避けられません。遠くから「見える〜?」とか言いながら指導するのは、面白いけどどうなんだろうか。

私が生徒さんのギターで同じフレーズを弾くとどんな音がするか、を聴いてもらうために、楽器を交換することもあります。都度アルコールで拭く?考えにくいです。

これらは私の仕事そのものなので、不満を言っても仕方なく、これから方法を考えます。


4.もう3ヶ月以上散髪していない

これは私にとっては冗談ですけど。理容業界にとっては重大な問題です。



今考えていることを書き連ねてみました。これは私の個人的な見解で、他のギター教室の運営に意見したり、評価するものではありません。それぞれに考えをお持ちで運営されていると思います。

時間が経つにつれて、あるバランスが生まれてくると思うので、あせって結論を急がず、健康で安心して生活し、ギターを楽しめる環境を探したいと思います。






→白石つよしアイレギター教室のページです。よかったらのぞいてみてください(^^)/


白石つよしアイレギター教室


スポンサーリンク


guitarstudio_aire at 11:39│Comments(0)mixiチェック 健康になるギター 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔