耳コピ講座?

2017年02月12日

英語の勉強と耳コピは似ている?

福岡に、お約束の2月中旬の雪が降りました。
これからヌクくなるはず...

リハ前のご飯も、汁物にするか、定食にするか、悩ましい日々です。平和なワタクシ...
先日もさんざん悩んだ末に、「きんのつる」さんにしたら、大野城店限定で、ご飯・みそ汁おかわり自由でした(^^)/ ヤッター
 とんかつ定食
食べ放題の野菜のお惣菜が、安定のおいしさです。
秘密情報。手前と奥の棚では、並んでいるお惣菜が少し違うんですよ。どっちもチェックしよう!
ごちそうさまでした!

今日は長年の未解決事項、英語のヒアリングと、耳コピの意外な共通点についてです。 続きを読む

guitarstudio_aire at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2017年02月09日

外出先で耳コピしてみた

1月11日の「meets you」では、沖縄の素晴らしいバンド「ディアマンテス」と共演させていただきました。

 PINPINITA meets ディアマンテス

最高でした!(^^)

アルベルトさんのギターが、私のモニターからガンガン流れてきて、めちゃテンション上がりました。

客席は、サルサ踊る方、カントリーダンス踊る方、カチャーシー踊る方...

短い時間でしたが、濃密!特濃な時間でした。

楽しかったなぁ...

でもね。この日を迎えるまでは、結構大変だったんです。
続きを読む

guitarstudio_aire at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2017年02月01日

シベリアンカートゥルを弾いてみた(い)

福岡は、寒波がちょっと一段落してます。てか。寒さに慣れたのかも。

ので、先日は久しぶりに汁ものではなく、ひらお天神店でした。
3月で閉店らしいです(T.T)

ひらお天神店

相変わらず安定の美味しさでした。ごちそうさまでした(^^)/

隣の人が食べていた、なんだか超大きいネタが気になりましたが...
内気なので訊けず。残念。知ってる人教えてね。

さて、今日は、中高生の頃から、弾いてみたいと思いつつ、はるかな時間が流れて、このごろやっと試してみてる〜う〜!じ〜ん〜せいが!に〜ど〜あ〜れば!この!じ〜(以下略)

...という感じのシリーズです。続きを読む

guitarstudio_aire at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2015年02月28日

GarageBandでギター練習ふたたび

昨年のカルロスサンタナ先生に続いて、今日は、ジミーペイジ先生(の音源)を招いて、ギター練習しました。

The Song Remain The Same


曲は、レッドツェッペリンの「The Song Remain The Same(永遠の詩)」名曲です。

こないだ、ペイジ先生直々によるリマスター盤が出ましたね。

Led Zeppelin - House Of The Holy


私がリアルタイムで聴いた初めてのフルアルバムだったりします。
NHK-FMの番組「サウンド・オブ・ミュージック」で全曲流れたのを、オープンリール・レコーダーに録音して、擦り切れるまで聴きました。実際ちょんぎれました。

最初の「永遠の詩」のスピード感にしびれまくりましたが、正直、その他の曲は小学生にはピンと来ず、良さが分かってアルバムを買い直したのは、ずっと後のことです。

ギターを弾くようになって、どうもDでいろいろやっているらしい、ということだけおぼろげに分かったのですが、常人には無理という結論(^^; を下して以来、気になるんだけど、近づきにくい曲になってました。

今日、ついに思い立って、GarageBandの助けを借りて、挑戦してみました。

いや〜面白い。

BPM148にセット、ピッチは440Hz、出だしのギターが1拍目です。
すると、バンドのジャン!っていうのが4拍目に来ちゃうんですが、実はこれでいいんです。

ジャンを1拍目だと勘違いすると、その後1拍余っちゃいます。ついこないだまで、ここは変拍子だと思ってました(^^;

当時はクリックなんか使ってないので、クリックと一緒にプレイすると、ずれていくんですが。
なんと、16小節目でピタッと合う!偶然かもしれませんが、すごい。

サンタナ先生の時と違い、遊び感覚で、いろいろ録音してます。


変拍子といえば、「ロックンロール」のドラムイントロが、なんか変と思ってる人いません?1拍半余るんだけどと感じている人は私の友達です。

実は出だし「タタタターン」の「ターン」が1拍目なんですよ。

証拠画像。

Rockn Roll Intro


GarageBandに音源読み込ませて、試してみてください。BMP172です。ターンが1拍目に来るように音源を動かして、クリックと一緒に再生してやると。おやびっくり、1拍目にバンドがバン!と入ります。

こうやって聴くと、ドラムソロが全然違って聴こえます。

収録アルバムはこれです。

Led Zeppelin IV


なるほど納得なんですが。なにしろ40年も違うリズムのまま信じてたので、切り替えられるかどうか。結構こういう曲が他にもあるような気がします。



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス

guitarstudio_aire at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2014年06月25日

GarageBandでギターの練習?

先日、Mac Miniを買いました。

System7以来のヘビーユーザでしたが、Tigerあたりで経済的について行けなくなり(^^; しばらくごぶさたしてましたが、Marverickで久々に復活です。

いや〜使いやすい!

WindowsやGoogleとの競争で、いいOSになりましたね。iPhoneの圧倒的な売上が、MacOSの開発にも使われているはずで。皆さんありがとう。

今日は、GarageBandに、カルロスサンタナ先生(の音源)をお招きして、フレーズやタイミングの細かい部分を、徹底的に教えていただきました。

garabeband
やっぱ、サンタナすごいわ。

フレーズを覚えて、一緒に弾いてみると、ちょっとしたニュアンスやリズムが違う。なにより入ってくるタイミングが鋭い!適当な入り方など皆無で、すべて必然がありました。

ちなみに、音源とメトロノームを合わせようと思ったけど...合いません。118から120あたりを揺れ動きます。つまりクリック無しってこと。当たり前かもしれないけどね。

これはしばらくハマりそうです。

音源無くても、メトロノーム鳴らして、自由に弾いてみて、それがリズムに正確に入っているかどうか。波形を見ると丸分かりです(><) これはコワいよ。ズレズレだったりします。何度も何度もプレイバックできます。自分のカッティングを究極に詰めていくこともできます。

この練習で、リズムがキレキレのギタリストが出てくるとうれしいな。




>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2011年05月12日

耳コピ講座実践編 9 ハモリを耳コピる

いよいよ最終回です。ず〜っと読んでくれたみなさんありがとうございます。
最後はハモりとアンサンブルの耳コピです。

まずは、楽曲をじっくり聴いてください。

0319b945.jpg題材にしている曲は,アリーバハイノーツ「Mucho Viento 強い風」私のオリジナルです(^^)/

(mp3ファイルへのリンク)



ハモっている音を耳コピするということは一度に2つの音を聞き取るわけですから、ちょっと神業的な感じしません?世の中にはベートーベンやマーラーの交響曲を耳コピ出来る人もいるらしいですよ。

実際、簡単ではないです。でも、これまで説明したのと同じ「慣れ」でかなり出来るようになります。

秘訣は、ハモりのパターンを知ることです。

一番最初におぼえる基本のハモり方は「ユニゾン」。全員で同じ音程で歌うアレです。AKB48の楽曲のほとんどの部分がこれですね。あ!別にバカにしてるんじゃないんですよ。ベートーベンの「運命」の出だしもユニゾンなんですよ。知ってた?
モダンジャズのトランペットとサックスで吹くカッコいいテーマも大部分ユニゾンです。運命やモダンジャズの場合は、音が高い楽器と低い楽器で1オクターブ違ってたりするんで正確には「オクターブユニゾン」っていうんですが、要は同じメロディを歌っているわけ。

たくさんの楽器で3〜4オクターブにわたって演奏されるオクターブユニゾンはそれはそれは強烈です。ジャズ好きな人は、ジャコパストリアスのビッグバンドの音と言えばハハーンとわかってもらえるでしょうか。

その他のハモり方は、むしろ響きがソフトになっていきます。

67db9176.jpg次に聴いて欲しいハモり方は「5度/4度」のハモりです。これはユニゾンの次に力強いハモりです。Mucho Vientoでホーンが最初に出てくる音がこのハモり方です。エレキギターを弾く人には「パワーコード」っていうとわかってもらえるでしょうね。

そして「3度/6度/10度」のハモり。響きがやわらかくてメロディーを歌わせるのにピッタリのハモり方です。ラテンの哀愁があるメロディーはたいていこのハモり方を使っています。

最後に「2度/7度」のハモり。これは不協和音といわれていて不思議な響きがします。ブルガリアの合唱曲にはこの音程がうまく使われていて、聴く人を違う世界に連れて行ってくれます。

以上が、2つの音の音程差に注目したハモり方の種類です。


別の分類の仕方として、メロディーの横の流れに沿ってどうハモるかにいくつかやり方があります。

ひとつはメロディーによりそって、同じ音程差で動く方法。もうひとつはメロディーと関係なく動いたり、同じ音を続けたりする方法。ちょっとざっくりし過ぎ(^^; ですね。要は絶対こうハモらないとダメということは無いんで、いろんな動きがあり得るということです。ボーカルで参考になるのは、なんといってもビートルズ。ジョージマーティンというクラシックの知識バリバリのプロデューサーが自ら練りに練ってアレンジしたボーカルのハモりは絶妙です。あれってジョンとポールだけで考えたわけじゃないんですよね。

muchoviento_horn_2
Mucho Vientoのアンサンブルパートでは、ブレッカーブラザーズ風のハモりをイメージしてみたんですが、あまりそれ風になんなかったですね(^^; ま。参考にしてみてください。

終わりです!!

ダーっ疲れたぁ...まとまった内容を書くって大変です。
読みにくかったり意味不明な部分多々と思います。
が、なんか役に立てばうれしいです。

いったん頭を冷やしてから、生徒さんとやった耳コピ事例について、また書きたいと思います。ちょっと休憩時間ください。ありがとうございました。ガッブレッシャ!



1. イントロ
2. 全体像・構成・リズムを耳コピる
3. キーを判断する
4. テーマのメロディを耳コピる
5. コードを耳コピる
6-7. ギターソロを耳コピる
8. サックスソロを耳コピる
9. ハモリを耳コピる   〜 この記事です



>> ギター教室を福岡県春日市とインターネットで開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2011年05月11日

耳コピ講座実践編 8 サックスソロを耳コピる

ギターソロの解説がなんとか終わったので(^^; あとはサクサクといきましょう。

まずは、楽曲をじっくり聴いてください。

0319b945.jpg題材にしている曲は,アリーバハイノーツ「Mucho Viento 強い風」私のオリジナルです(^^)/

(mp3ファイルへのリンク)



管楽器の耳コピをやりやすくするポイントは、音色と音域です。

同じ高さの「ド」の音でも、ピアノとギターとサックスとトランペットではだいぶ聞こえ方が違います。ギターでも、クラシックギターと強烈に歪んだエレキギターでは同じ音程には聞こえないかもしれません。

これに慣れるには、バンドスコアなどを見ながら音源を聞いてみるとかして、音と音程の対応を頭にたたきこむしかありません。無料のMIDIシーケンサーを手に入れて、ドレミファソラシドを打ち込み、それをいろんな音色で聞いてみるなんてものいいかもしれませんね。鍛えていくと、物が落ちる音からも音程を聞き取れるようになるらしいですよ(^^)


もひとつのポイントは、管楽器の音域です。
みなさんが小学生の時に吹いたリコーダーを思い出してください。
穴を全部おさえた「ド」からまず1オクターブを習いますよね。
私なんかそこで終わりましたが、裏の親指を半分空けると、そっから更に1オクターブ出せます。

サックスもだいたいこんな感じです。初心者で2オクターブ。中級者だと2.5オクターブ。上級者になるとフラジオ(倍音)を使ってもっと高い音まで出せます。

意外に狭いでしょ?ジョンコルトレーンだって使える音域はほぼ同じと思うと、音楽って楽器のスペックとは関係ないんだなあと思います。

このソロを吹いているのは、バリトンサックスです。低い「ド」がギターの一番低いEの半音下のEb。バリトンが出せる最低音はDbです。高い方は、そこから2.5オクターブとして、1弦の真ん中辺です。ギターソロの感覚でいうと、かなり低い音でソロをしていることになりますね。テナーサックスは、ギターでいうと5-8フレットあたりの音域、アルトサックスは11-14フレットあたりの音域です。ギターを使ってサックスソロを耳コピする時はだいたいその辺りで音を探すといいですよ。

86555189.jpgでは、サックスソロの出だしを譜面にしておきますね。これはバリトンサックス用の譜面になっています。ピアノやギターで弾く時は、これをヘ音記号の譜面と思ってもらうとOKですよ。

低い音は聴き慣れないんで違ってるかもです。AYAちゃんに聞いてみるかな。

サックスソロの耳コピは、ギタリストにおすすめです。フレーズの発想が違うので思わぬ発見はありますよ。


最終回は、ホーンアンサンブルを題材にしてハモリの耳コピについて書きますね。



1. イントロ
2. 全体像・構成・リズムを耳コピる
3. キーを判断する
4. テーマのメロディを耳コピる
5. コードを耳コピる
6-7. ギターソロを耳コピる
8. サックスソロを耳コピる 〜 この記事です
9. ハモリを耳コピる



>> ギター教室を福岡県春日市とインターネットで開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2011年05月10日

耳コピ講座実践編 7 ギターソロを耳コピる 続き

ギターソロの耳コピもう少しくわしくやってみます。

まずは、楽曲をじっくり聴いてください。ギターソロは2分30秒からです。

0319b945.jpg題材にしている曲は,アリーバハイノーツ「Mucho Viento 強い風」私のオリジナルです(^^)/

(mp3ファイルへのリンク)




fdc615fe.jpgギター独特の奏法を音と対応させておぼえてもらういい機会なんで、自分のギターソロを耳コピしてみました(^^;

出だしの3音でひとつのフレーズです。
1音目にスライド、3音目にチョーキングが使われています。
こういうごく短いフレーズを自分の思ったとおりの感じで弾いていくことで、ソロの引き出しが増えていきます。

次のフレーズはチョーキングダウンからA音に戻るまで。

その次は、ユニゾンチョーキング3発がポイントです。ダブルチョーキングと呼ぶ人もいますね。スライドやハンマリングも使ってます。音の感じに注意して聞いてください。

とりあえず8小節分耳コピしてみました。シンプルだけど結構使えますよ。いいなと思ってくれた人は続きもやってみてね。「ここはどうやっているの?」という質問もお気軽にどうぞ。

次回は、サックスソロを耳コピするポイントについて書きますね。



1. イントロ
2. 全体像・構成・リズムを耳コピる
3. キーを判断する
4. テーマのメロディを耳コピる
5. コードを耳コピる
6-7. ギターソロを耳コピる  〜 この記事です
8. サックスソロを耳コピる
9. ハモリを耳コピる



>> ギター教室を福岡県春日市とインターネットで開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2011年05月07日

耳コピ講座実践編 6 ギターソロを耳コピる

ひとつのテーマでブログ書くのって結構大変ですね...(^^;

なんとか完走したいものです。さて今回はいよいよギターソロです。

まずは、楽曲をじっくり聴いてください。

0319b945.jpg題材にしている曲は,アリーバハイノーツ「Mucho Viento 強い風」私のオリジナルです(^^)/

(mp3ファイルへのリンク)



ギターソロの耳コピも、メロディーの耳コピと要領は同じです。
まず、フレーズを鼻歌で歌って、リズムをおぼえます。
楽曲のキーから、よく使われるスケールをたよりに「この音かな?」と1音ずつとっていきます。地味な作業ですよね。

ギター特有のポイントがいくつかあります。

ひとつは、フレーズのニュアンスを出すためのいろいろなテクニック、チョーキング、スライド、ハンマリング、プリング、そういった技がどんな音になるのか知っておくと、耳コピがぐっとやりやすくなります。

もうひとつは、ギターソロって「リック」という短いフレーズをつなぎ合わせて組み立てることが多いので、逆にそのリックをおぼえたり弾いたりすることで、耳コピも出来るし、自分のソロも充実します。要はギターの練習と耳コピの練習は同じことなんですね。

おしまい。さんざん待たせといてこれだけかよっ!て怒られそうですね。ごめんよ。
次回、私が弾いたギターソロの完コピ譜を載せますから許してね。なんかここ数週間バタバタしてて...言い訳ばっか(^^;

わからないところや納得いかないところ「それは違うだろう」ていうツッコミなど、なんでもお気軽にコメントしてください。ではまた次回ね。



1. イントロ
2. 全体像・構成・リズムを耳コピる
3. キーを判断する
4. テーマのメロディを耳コピる
5. コードを耳コピる
6. ギターソロを耳コピる  〜 この記事です
7. サックスソロを耳コピる
8. ハモリを耳コピる



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
2011年04月27日

耳コピ講座実践編 5 コードを耳コピる

たくさんアクセスいただいているようでありがとうございます(^^)/

メロがとれたら、今度はコードづけです。

まずは、楽曲をじっくり聴いてください。

0319b945.jpg題材にしている曲は,アリーバハイノーツ「Mucho Viento 強い風」私のオリジナルです(^^)/

(mp3ファイルへのリンク)



前回言いましたように、キーは、Aマイナーです。

メロディーにコードをあてはめるコツは、ずばり「試行錯誤」です。

.....あ!帰らないで!(^^;


だって本当なんだもんね。曲作ってるところを想像してみて。
歌詞先、メロ先、コード先いろいろあるけど。
いずれにしろコードつける時は、楽器を手にしてると思うんですよね。
で、こうかな?とかいいながら試すと思うんですよ。
だから耳コピも同じ事をやるわけ。

ちなみに、モーツァルトはコードづけとかしてませんでした。和声という体系が生まれたのはもっとずっと後です。これは豆知識。だけん何?ということはありません。

で、闇雲にコードを弾いても大変なので、いくつかパターンを覚えて、音感の引き出しを作るのです。これが大切。

Amを「お家」として、そこから散歩をするイメージでコードの動きを感じてください。マイナーキーだと夕暮れのお散歩ですかね。

1. Am - E - Am : お家から散歩に行って帰りました
2. Am - Dm - Am : お家から別ルートで散歩に行って帰りました
3. Am - Dm - E - Am : お家から少し遠出をして帰りました
4. Am - E : お家から散歩に行って...あれ?帰って来ないんですけど?
5. Am - G - F : 暗い道をどんどん降りていく
6. F - G - Am : 暗い上り坂を上がっていく
7. F - G - A : 暗い上り坂を上がっていくと...あれ?お花畑?

みたいな。イメージが若干まずしいですが勘弁。

8. Am7 - Bm7b5 - E7b9 - Am7 : ジャズっぽい進行
9. Am7 - D7 - Am7 - D7 : ラテンっぽい進行
10. Am7 - Em7 - Am7 - Em7 : おしゃれっぽい進行


Aマイナーの楽曲と言うと、私の世代だと「傘がない」「ハートブレイカー(グランドファンクね)」「天国への階段」「オエ・コモ・バ」とかですか。こんな感じでコード感をいろいろつけてもらうと、段々コードづけが得意になってきます。インスタントな方法が無くてごめんなさい。


さて、Mucho Vientoのコードづけです。まず、構成譜を見ながら曲を聴いて、Amだなと思ったところに書き込んでいってください。Amだと響きがオカシイところは空白のままあけておいてください。次に空白のところを聴きなおして、何のコードがピッタリくるかいろいろ弾いてみます。これじゃないかと思ったら、前後のコードと続けて弾いてみて、楽曲のイメージになるかどうか確かめます。そうやって最後までやってみてください。

実は、Mucho Vientoには、Amともうひとつしかコード出てこないんですよ。わかりますか?これが今回の宿題で〜す♪



1. イントロ
2. 全体像・構成・リズムを耳コピる
3. キーを判断する
4. テーマのメロディを耳コピる
5. コードを耳コピる      〜 この記事です
6. ギターソロを耳コピる
7. サックスソロを耳コピる
8. ハモリを耳コピる



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック