2020年06月01日

インターネットレッスンで「ブルースセッション」を練習しました

6月に入りました。

福岡県では、非常事態宣言が解除され、お店も徐々に再開しているようですね。
私はといえば、おかげさまで元気です。
それでも、無症状の感染者かもしれないという自覚を忘れずに、注意して生活しています。

感染しているかどうか、免疫があるかどうか、が自分で判断できるようにならないと、安心して人と接することができません。

そういうわけで、対面によるレッスンの再開は、もう少し様子を見てからにいたします。
メールと動画によるレッスンは、引き続き実施しています。
zoomやskypeでのリアルタイムレッスンではありません。
リアルタイムで無い分、ゆっくり何回もご質問いただけます。

お気軽にお問い合わせくださいね。

さて、今日のレッスン曲レビューは、インターネットレッスンでお受けした、「ブルースセッション」です。

こんな演奏です。12分30秒ごろからスタートします。


ジャレッド・ジェームス・ニコルズというギタリストです。31歳だって。何この渋さ(^^;
指弾きですね。出音が独特です。かっこいいなぁ。

ギターは、1960年製ギブソン・メロディメイカーだそうで。これがまた極上の音。P-90載せたギブソンが昔から1本欲しい私は、ヨダレをたらしながら見ました。

山口和也さんは1965年製ES-335。やっぱハンバッキングはパワーがあります。

Gキーでブルースが始まりました。ジャレッド2コーラス→山口2コーラス→ジャレッド2コーラス。短い演奏ですが、内容は濃いです。ソロやバッキングの美味しいヒントが満載の演奏です。

b5に行くときに、ハンマリングじゃなくてスライドを使うのが、私には新鮮でした。山口さんもそうやってた。業界の常識なんですかね?面白いです。


ジャレッドさんのアルバムです。

Jared James Nichols - BLACK MAGIC
Jared James Nichols - BLACK MAGIC


ギタースタジオ「アイレ」では、YouTube音源からでも、レッスンお受けしてますよ。
「これ、どうやってるんだろう?」っていう疑問解決をお手伝いします。

インターネットレッスンは、メールと動画でのレッスンです。
zoomやskypeでのリアルタイムレッスンではありません。
リアルタイムで無い分、ゆっくり何回もご質問いただけます。

お気軽にお問い合わせくださいね。



→白石つよしアイレギター教室のページです。よかったらのぞいてみてください(^^)/


白石つよしアイレギター教室


スポンサーリンク


guitarstudio_aire at 10:28│Comments(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔