2010年03月

2010年03月31日

嵐「風の向こうへ」ギターレッスン曲レビュー

e9a5e9dd.jpgアコースティックギター教室で嵐「風の向こうへ」を演奏しました.

アコギのイントロがカッコいいですよね.あれも是非やりましょう(^^)/

キーはC.FとGは同じ押さえ方で2フレット上げて弾くのがいいと思います.1弦と6弦は音出なくてもいいですよ.どっちかというとしっかりミュートしてやった方が締まるんじゃないですかね.



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら


guitarstudio_aire at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月22日

Mr.Children「Any」ギターレッスン曲レビュー

055bdd23.jpgアコースティックギター教室でMr.Children「Any」を演奏しました.

このアルバムが出てもう6年ですか.時の流れの速さをますます感じています.
そして桜井さんの作曲能力にはもう脱帽です.まー似た曲も多いとは思うけど,ひとりの人間がこんなに長い間,楽曲を作り続けることが出来るもんだろうか.ただただ驚異.

さて,キーはBbです.3カポでGだとすごく弾きやすいでしょう.それでも,途中でてくるBbやEbにちょっと苦労するかもしれませんね.じっくり取り組んでみてください.



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら


guitarstudio_aire at 09:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月21日

FUZZY CONTROL「モナリザ」ギターレッスン曲レビュー

d34e1aaa.jpgエレキギター教室でFUZZY CONTROL「モナリザ」を演奏しました.

ライブでも人気のある曲なんだそうです.うん.確かにはじけてますね!
ボーカルのバッキングギターが結構ややこしいんですけど,ライブでもこんな感じで弾いておられるそうです.すごいなー

メッチャ演奏力がある人たちだと思ったら,ドラムの方のお父さんは有名な「手数王」菅沼孝三さんで,ギターボーカルの方のお母さんは,りりィなんだって.お父さんは沖縄のミュージシャンだそうです.なんね.九州もんたーい(^^)一気に親近感がわきました.

そういえばイントロのギターが三線ぽいよね.それって先入観ですかね.



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら


guitarstudio_aire at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月19日

Syrup16g「(This is not just)Song for me」ギターレッスン曲レビュー

2c9a77d4.jpgインターネットレッスンでSyrup16g「(This is not just)Song for me」をレッスンしました.

カポタストを必ず使うギターボーカルの方だそうですね.ギターマガジンでインタビュー読んだことがあります.ギターは無くてもカポは必要と言っておられました(^^)

ファンの間では「この曲は何カポ?」というのが話題になるんだとか.

この曲はピアノキーでF#.2カポでEキーで弾いていると思います.中間部に6カポでCらしき音が鳴ってるところもありますね.

フラメンコもそうですが,カポタストの位置を推定するポイントは開放弦です.ず〜っと鳴っている音が聞こえたらしめたもの.耳コピの方トライしてみてくださいね.




>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら


guitarstudio_aire at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月18日

大橋トリオ「A BIRD」ギターレッスン曲レビュー

ギター教室のレッスンコースをリニューアルしました(^^)
いままで生徒さんといろいろな形で行ってきたレッスンのうち好評だったものをまとめていくと,8つのレッスンコースが出来ました.

福岡市,春日市,大野城市,太宰府市などにお住まいで「ギター弾いてみたいな」と思われましたら,ちょっとのぞいてみてください.あ!インターネットレッスンもちゃんと立ち上げたんだった.遠方の方もどうぞ.海外の方もOKデス

>> ギター教室のご案内はこちらです
>> ケータイはこちら

さて,今日のレッスン曲です.

cc8072cd.jpgレッスンで大橋トリオ「A BIRD」を演奏しました.

生徒さんが大大推薦のバンドっていうか1人ユニットだそうです.初めて聴きました.

歌うめ〜っ!すごく安心して聞けるサウンドですね.私もライブに行ってみたくなりました.

メロディ書けるこんな人がまたいっぱい出てくるといいな.ラップはちょっとお腹いっぱいです.




>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら


guitarstudio_aire at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月16日

ギターのチューニング究極の方法とは!?完全無料

ちょっと情報商材風のタイトルで行ってみました.

いや.実際,ギター教室の情報商材ってあるんですね.2万円とかするんですって?バリバリ弾けるようになるそうです.ちょっと欲しいかも.

...は,さておき.

今日はチューニングについて思ったことをちょっと書いてみます.
私がギター始めたころ,ギターのチューニング方法っていうと,5フレットを押さえて,隣の開放弦と合わせるっていうのが定番でした.その後知ったのが,5フレットと7フレットのハーモニックスで合わせるってやつ.あれは見た目がカッコイイのでもっぱらそれでやってましたね.

で,それらの方法の最大の問題点は「それでは正しい音程にはなりませんよ」ってことなんです.

ややこしい話はちょっと省きますが(今度私のホームページで詳しく書く予定です),特に初心者の方,平均律の音感が育ってない方は,この方法でチューニングしても,ギターが本来持っている正しい音程を作れません.

じゃ,どうするかというと,21世紀には素晴らしいものが発明されています.

fac486cf.jpgクリップ式のクロマチックチューナー.いろんなメーカーから出てますね.価格もずいぶん安いです.6本の開放弦を全部クロマチックチューナーで合わせてください.これが基本です.


な〜んや.当たり前やんか.読んで損した.


と思っている貴方は正しい.これからも正しい音程でよろしくです.こんな当たり前の事を偉そうに書くのには理由があります.

私自身が,音叉とハーモニックスでず〜っとチューニングやってて,ある日,管楽器の大先生と競演させていただいた時のことです「君はチューニングが悪い!」

すごい怒られました.やっかいなのは自分ではかなり気を使ってチューニングをやっていると思っていたからです.結局,競演コンサートは改善できないまま終え,重い宿題が残ってしまいました.ピッチの悪さは奏者として致命的です.

最初は,6本の弦の関係なのかと思いました.いろいろな合わせ方を試してみました.でも違いました.

で,わかりました.私は「平均律」の音程がとれてなかったのです.かといって素晴らしい純正律の音程だったわけでもなく,とっても中途半端なまま,わからんちん状態で演奏活動をしていたわけです.

大先生はレコーディング経験やいろいろな楽器との競演経験が豊富で,その中で,合奏する場合のピッチのとり方を熟知しておられたのです.当然ですけどね.

現代のギターはよほどのバッタもんでない限り,平均律で正しく鳴るように調整されています.ということは開放弦を正確に合わせることが何より重要なのです.フレットを押さえると物理的にピッチのずれを生じます.ギターの宿命です.それでも正しく演奏できるようにギターは調整されているはずですが,チューニングの時にその機能を使うのは危険です.ハーモニックスは純正律で鳴るので,それで合わせるのは平均律の楽器としては合わせたことになりません.

開放弦を正確に合わせましょう.それからEやCを弾いてみましょう.ちょっと変な響きがするかもしれません.そこが重要です.それが平均律のコードの鳴り方です.ギターが壊れてなければですが.

Eを弾いた時,3弦が高すぎると感じる貴方は正常です.それは純正律的な音の捉え方なんです.でも平均律では今鳴っている音が正解です.音感を育てましょう.

ここをスタートラインにして,そっから,フラメンコギター奏者がやっている調整とか,イーグルスのギタリストは1弦をちょっと上げ気味にするとか,バジーフェイトン方式がいいとか,そういうことを検討してもよろしいかと思います.でも基本は「ギターはピアノとおんなじ平均律の楽器」という事実を受け入れて,その鳴り方をじっくり聞くこと.耳の良いミュージシャンになりたいのなら必須ですよ.

そうそう.「家でチューニングしてきたので大丈夫です」っていうのも無しです(^^;




>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら



guitarstudio_aire at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ギター弾き日記 
2010年03月11日

ブラックバードの意外な弾き方!?

eb5e9b02.jpgビートルズのっていうかポールの「Blackbird」はアコギ弾きならいっぺん弾いて見たい曲ですよね.

これまで何度かレッスンしてきました.スリーフィンガーのよい練習だと思って.



ところがこれが大きな間違いだったんですね.




c5acaac8.jpgギターマガジン2006年3月号にそのことが書いてありました.

以前,変だなと思ったことはあったんですよ.生徒さんが持ってきたコピー譜でレッスンしてたら,音の出てくる順番がスリーフィンガーだとオカシい.またまたコピー譜のミスだなと思って音源を聞いてみると確かにその部分の出音はそんな感じ.なんで?と思いつつ私流で説明してその日は終わり,確かめないままになってました.

で何が正解だったかというと,人差し指のストロークが使われてたという話で.フラメンコで言うところの,i指のセコで弾いておられるそうなんですね.サー・ポールは.

間違えないで欲しいのは,単にm指を使ってなかったってことじゃなくて,スリーフィンガー(ツーフィンガーでも)に特有の,p指による低音と3弦の交互ランという弾き方じゃないってことなんですね.全然別の奏法.なんちゃってツーフィンガーっていうか.

くわしくは雑誌を読むか,レッスンに来てもらうといいんですけど,p指は拍の頭しか弾いてなくて,その裏はi指のダウンストロークなんですね.

ついでに言うと,3弦がずーっと鳴っているってよく解説されてるけど,実はそれほど鳴ってなくて,i指のダウンストロークはほとんど空ピック気味な動きということ.

そう思って弾いてみると...なるほど音源の音に近づきます.裏拍が,はっきりした単音じゃなくて,和音気味の弱い音なのもこれで納得です.

以前レッスンした生徒さんに「ブラックバード2.0」を伝えなければ.



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ギター弾き日記 
2010年03月10日

ボイトレをちょこっとやってます

1dce0154.jpgサルサのバンドでコロを歌うことが増えたので,自分の声を良くしたいなぁと思っていました.
ラテンの人ってなんで皆あんなに通る声なんだろうって不思議でした.独特なんですよね.あの声の通り方って.しかも皆だもの.特別な人だからっていうんじゃなくて,あるメソッドがあるはずなんだよね.

とかなんとか考えていて,この本に出会いましたよ.

本物の声を出すために ヴォーカリスト養成アイテム

説明はさておき,CDを聞いてみました.

なんかいい感じです(^^) レッスンに向かう車内で聞いたりしてますよ.
のどの脱力と声を当てる方向がキモみたいです.ギターと一緒だね.

脱力で思いっきりボケた声を作った後で,それを当てる方向を変えると,カリッとした声質に変わる...自分の中にすごい楽器があったんだなってうれしくなりました.

しばらく続けてみます.次のライブでワタシのコロに注目ですよ!フフフ...って大丈夫かな!?

guitarstudio_aire at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ギター弾き日記 
2010年03月07日

ファラー「Lonely Boy」ギターレッスン曲レビュー

bba578cb.jpgレッスンでファラー「Lonely Boy」を演奏しました.

木村カエラさんがファンということで話題になったバンド.
メロディやコードに,ファラー節とも言える個性があって,一度好きになるとハマります.

「Lonely Boy」は日本だけのボーナストラックなんだそうです.アンドリューゴールド?誰でしたっけその方?よくわかりません.原曲はともあれ,まるでファラーのオリジナルみたいな仕上がりになっています.出だしが4拍目の裏からなんでリズムがよくわかんなくなります.注意.

めずらしくギターソロとか入ってまして,ブルースフレーズなどは当然弾かず,ポップでメロディアスなソロです.途中「あ!こっからどう弾こうか?」みたいな迷いもあって微笑ましかったりします.興味のある方は聴いてみてください.



>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック レッスン曲レビュー 
2010年03月05日

ブローウェルの腱鞘炎

1aa14b9f.jpg最近,非常に不調です.

腰痛と花粉症.ライブ予定が無くてよかったぁ...ていうか,ライブが無いのでなまったのかなぁ...?

で,聴く音楽もソフト路線です.村治佳織さんの10代のころのアルバム.癒されます.私が特に好きなのは「シンフォニア」次が「カヴァティーナ」です.

元気がいい時はほとんど聴きません.クラシックギター.
副交感神経が刺激されすぎるとゆーか.要は力が抜けるんだよね.血圧も下がるし.
今回,レッスンに向かう車内のBGMでどんなに元気をもらったことか...感謝です.

久しぶりにライナーノーツを読んでいると,「黒いデカメロン」を作曲したブローウェルは手の故障で演奏活動をやめ作曲に専念...と.あ.そうなんだっけ?

知らないのにもほどがありますけど,80年代にすでに右手の故障があったらしいです.40才くらいの時だね.私と同じだ!その後も素晴らしい曲を作り,ハバナ・ギターコンクールを立ち上げるなど,活躍しているブローウェル氏.そういえばビセンテアミーゴのアルバムにも編曲と指揮で参加しておられましたよね.

キューバの作編曲家.「11月のある日」ほかカッコいい曲多数.遅まきながらフォローしていきたいと思いました.




...で終わっちゃいかんのよ.で,ブローウェルの腱鞘炎は治ったかどうか.ついでに言うと,村治佳織ちゃんも一時,手の故障で大変だったけどどうなったのかなと.パコ・デ・ルシアも演奏の時以外は,右手を包帯で巻き巻きしてたし.どうやってケアすればいいのか知りたいわけです.誰か知ってます?






>> ギター教室を福岡県春日市/通信教育で開催中デス
>> ケータイはこちら

guitarstudio_aire at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 健康になるギター